ジュエリーCAD


by k-mozuku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ちょっと、ひとやすみ…

b0171065_14584697.jpg

今日のおやつはお汁粉です。奥さんの作るお汁粉がいちばんです


今日は夜、もう一つ記事を書くつもりでいます。タイトルだけ…
「職人から見たCADデータ」です。
[PR]
by k-mozuku | 2009-12-08 14:58

Z Brush

b0171065_115168.gif最近、Z-brushを手に入れたので教本を探して本屋に行ったのですが、結局どこを探しでも見つからずアマゾンで注文しようと思います。
ちぇっ、せっかく本屋まで行ったんだからHな本を重ねて買おうかと思ったのに、ザンネン(15・6の少年かっ!)

ライノもおぼつかないのにと思う方もいるかもしれませんが、ゲーム感覚で楽しもうかと思います。(真剣に取り組んでいる人に失礼デスが)
完成したものは自分でみてニヤニヤしながら自己陶酔しているかも…。
気が向いたら造形もするかもしれません。
[PR]
by k-mozuku | 2009-12-08 01:07 | CAD

印台の作り方 完結

b0171065_017545.jpgいよいよ、完結です

サーフェスの制御点をだします。そして、フロント画面から最初に上部のエッジ(楕円の部分)の制御点は干渉されたくないので表示のHide ControlPointsで隠します。
横(X軸)方向は0地点を基準に1Dスケールで、縦(Y軸)方向はナッジで外形線に合わせていきます。ただし、
一段一段必ず全部制御点を選択して下さいね。ライト画面も同じくです。b0171065_0173342.jpg
あとは、そのサーフェスにキャップを張って指サイズの円を立ち上げます(キャップはして下さいね)
マイナスブーリアンして下さい。これで完成です
作った人の中には、形が変だぞ?と、思う人もいるかもしれませんが、あくまで、3枚のサーフェスで印台を作るのが目的です。頭の体操ですね。こだわりたい方は色々編集しても勉強です、私はしましたが。
b0171065_0193367.jpg

拙い文章でうまく伝わったか甚だ疑問ですが
CADを始めた人達の何かヒントになれば良いかなぁと、勝手に思っています。
また、諸先輩方には、なんだこりゃ?と、思われたかもしれませんが、そこは、お許し下さい。


最後にプチ問題です (俺も懲りないな~)
今まで自分で作ったリングで結構ですから(半分から下はプレーンなものがよいです)をそのサイズから2番前後のサイズ直しをデータ上でやってみて下さい。
スケールは厳禁です!

この答えは要望があったら載せたいと思います。

また、暫く、おつきあい下さい
[PR]
by k-mozuku | 2009-12-07 00:29 | CAD

印台の作り方 その2

b0171065_212662.jpg続きを始める前に言い忘れたことを1つ
トップ画面で始めに球体を出した時点で球体のシームをY軸に合わせて下さい。

それでは、続きを始めたいと思います。
コマンドシュリンクは前回出てきたので今回は使ってみましょう。
まず、始めに昨日サーフェスのエッジから線を抽出します。抽出した線は残したままサーフェスはハイドして下さい。
では、デザイン画をトレースするように外形線(外輪線)をかきます。
左がフロント画面、右がライト画面 ここで注意して下さい。ライト画面の外形線は後で指サイズの円を立ち上げてマイナスブールするのでそれを想像しながら描いて下さい。
上部の線は直線に見えますが先ほど抽出した線です。 外形線を書くときにはosnapは端点、中点、四半円点をONにします。
次は先ほどハイドしたサーフェスを出してきます。フロント画面でサーフェスのエッジを先ほど抽出した線に変形の移動コマンドで移動して合わせます。
上を合わせたら下は合わせた面を原点として今回は1Dスケールで下部を合わせます。
画面を見れば分かると思います。
ライノ画面の下の方にあるステータスバーの平面モードについての説明です。
言葉だけの説明ですので、実際にやってみて下さい。では、フロント画面で0地点からY軸に沿って5ミリ上に点をうって下さい。
それから、トップ画面にいって投影をOFFの状態でその点を基点(クリック)して直線をどこでもいいので平面モードをONとOFFの状態て引いてみて下さい。
自ずと平面モードの意味が分かると思います。
では、今日はここまで。次回で完結ですb0171065_2103741.jpg

ご協力を
[PR]
by k-mozuku | 2009-12-06 02:13 | CAD

印台の作り方 その1

この前の3面サーフェス印台の作り方です

初心者の方もみておられるようなので数回に分けてお送りします。

今日はその1回目
まずは、トップ画面に0地点を中心に球体25ミリを描きます。
リビルドで制御点をU・Vを12にします。
フロント画面で上部から1.5ミリの所で切断
その切り口をトップ画面からみて好きな大きさにスケールをかけて下さい(僕の場合は縦12ミリ横10ミリにスケールをかけます)
そこでサーフェスツールの中にあるシュリンクというコマンドを使ってみてください。
左が使わないもの右が使ったものです 制御点をみてください
シュリンクしたものとしないものをトリムの右クリックでエッジをクリックしてみてください。自ずと、シュリンクとアントリムの意味と関係性が分かると思います
まずは、今日は此処まで
b0171065_1594958.jpg

[PR]
by k-mozuku | 2009-12-05 02:01 | CAD

磨きへのこだわり

b0171065_1392378.jpg

ジュエリーにおける最終工程は磨きである

自分を評価するとしたら磨きは一流
手作りは二流
CADは三流……かな?

磨きには、一人の先生(?)がいる
その人は、名前を聞けば誰もが知っているブランドの工場長をしていた人だ。

その人に、磨きの概念を見事に覆された
例えば、リングの腕の部分はヤスリがけのままでバフをかける
言葉だけで聞いたときは「まさかぁ〜」と、思ったのだが、実際やって見せてもらったときの感動は今でも忘れない。
なんと、美しいことか、綺麗とかではなく、美しいのだ。

それから、彼の元に通い始め、磨きの勉強をした。そこで、気づいた事はヤスリのかけ方で、従来のデデコ・ペーパー以上の仕上げが出来ることだ。その他にも色々なことを習い磨きは一流だと自負する事が出来るまでになった(その彼に言わせるとまだまだ言われると思うが)
彼が自分の持つ技術、知識を出し惜しみすることなく教えてくれたからこそ今の自分がいる。教えてもらったものを、次に繋げていくことが、自分の指名だと今は思っている。

ぐだぐだ書いたが、結論は
手作りだろうが、CADだろうが、最後は磨きに係っているのである
〝美しく仕上げる〝
ジュエリーの一番大切な事である。
[PR]
by k-mozuku | 2009-12-03 01:39

強力な助っ人、ゲット!

b0171065_221507.jpg

家には、猫が5匹+2匹のおまけがいるのは
前にブログでも書きましたがずーと気になっていたことがありました。

それは………
匂いです!

毎日、掃除はしていてもやはり何となく獣臭い気がして、密かにおっさん悩んでおりました。


が! この度、脱臭機なるものをゲット致しました。
価格comで色々調べた結果、匂いをとるのはコレが一番良さそうだったので、即、購入しました。

3日目になりますが
匂いは気になりません。効いているのでしょう

前は、猫がオシッコをしたりうんPをすると、臭っていたのですがそれもありません。

こんな事なら、もっと早く買えば良かったと
ちょっぴり後悔もしたりして…

ともかく、いい調子です。あと、1台二階にも欲しいですね。
[PR]
by k-mozuku | 2009-12-01 22:15